適性検査CUBIC

個人の資質や特性を『性格』『意欲』『社会性』『価値観』の
側面から評価し、新卒・中途採用の適性検査として活用できます。

適性検査の特長(機能性)FEATURES

  • スピーディに人材を見極められる!
    検査時間20分と他の適性検査と比べ、短い時間で実施できます。
    また、必要なときに必要な診断結果を迅速に出力可能です。
  • 信頼性の高い検査結果
    事前の対策や嘘の回答はできないため、面接では判断が難しい個人の資質や特性が分かります。
    また分かりやすい検査結果を元に会社が求め、必要とする人物像を検討できます。
  • データの蓄積・有効活用
    既存データと合せて組織内で様々な分析を行えます。
    また、EXCELなどの表計算ソフトやデータベース等と高い互換性を持ちます。

すべて自社内で運用可能

適性検査の分析手法ANALYSIS

社員個人特性・採用個人特性

社員個人の資質を多面的に把握し、採用判定等の際に客観的資料としてお役に立ちます。
採用選考時には客観的な判定材料としてご利用頂け、さらに現有課員の状況把握や人事異動にも活用可能です。

◎個人の資質を見る「4つの測定領域」

性格・個性面/興味・価値観/社会性/意欲・ヤル気

◆活用例・・・
  • 採用選考時の参考資料として
  • 配置・異動のための資料として
  • チームビルディングのための資料として など

社員個人特性・採用個人特性 イメージ

社員モチベーション設問

社員モチベーション設問は、「人は行動を決定する最終場面で何をよりどころにするか」を測定し、理想の働き方と現実を比較し、その格差から個人の仕事の原動力を探ります。

◎モチベーションを見る「8つの測定領域」

専門志向/自己表現/自立志向/人間関係/管理志向/安定志向/評価志向/公私充実

モチベーションは、家庭環境の変化や配属・昇格など置かれた状況によって変化すると考えられますが、どのような働き方を望むのかということは価値観にも関わるものであり、職務で実績を上げる際の重要な要因であると言えます。
また、既存社員の意識やハイパフォーマー社員の考え方を分析することで、採用基準としても役立つ資料となるでしょう。

◆活用例・・・
  • 新入社員へのフォローアップ
  • モチベーションの状態を可視化
  • 組織改革の際の基礎情報 など

社員モチベーション設問 イメージ